雨天や曇天、夕方など暗いときに査定してもら

雨天や曇天、夕方など暗いときに査定してもら

雨天や曇天、夕方など暗いときに査定してもらうと、車のキズなどのアラ隠しになって本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、「見落とさない対策」も用意されているので、今となっては絶滅寸前の噂と思ったほうがいいでしょう。それに掃除が行き届いている車というのは晴天ではさらに美しく見えます。 (さらに…)

車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に1

車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に1

車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に1万キロ前後と想定されています。年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。 (さらに…)

個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり普通、10000kmが目

個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり普通、10000kmが目

個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり普通、10000kmが目安と言われます。そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、5万を境にどんどん査定は減点されていき、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。 (さらに…)

中古車売買に於いて、その査定基準は、その車の走行距離や年式、事故歴

中古車売買に於いて、その査定基準は、その車の走行距離や年式、事故歴

中古車売買に於いて、その査定基準は、その車の走行距離や年式、事故歴があるかないかや、内装および外装の状態などです。

 

 

 

このうち車のボディーと内装に関しては、査定に行く前に入念に清掃することで見積金額のアップが狙えます。 (さらに…)

子供が生まれたため、これを契機に今の車を乗り

子供が生まれたため、これを契機に今の車を乗り

子供が生まれたため、これを契機に今の車を乗り換えて、ミニバンにする予定です。そこで購入費用の足しにしようと、妻が乗っていたムーブを業者に査定してもらおうと考えたのですが、その車が10年以上も前に買ったものでしたから、実際値段がつくのかどうか気がかりでした。 (さらに…)